ENTRY
社員インタビュー

Roots

#03

[焦ったときは、ありのままの自分になれる場所へ]

Okuda Yuko | ユニフォーム事業部
ユニフォーム第一部 営業二課
新卒2018年入社

Show your mind.

ユニフォーム事業部
ユニフォーム第一部 営業二課
新卒2018年入社

奥田 優子

大学では家政学部家政学科で被服について学び、アパレル業界を中心に就職活動を開始。その中でも唯一無二な物を生み出すユニフォーム事業に惹かれ、オンワード商事に入社。現在レディースユニフォームを多く担当している。

社内での打ち合わせが、いちばん好きな時間

ユニフォームはその企業のためにつくられた、ただひとつのものです。私がいなければこの一着は生まれなかったんだ、と強く実感することができます。そんな魅力からオンワード商事に入社しました。ユニフォームは機能性に富んでいて、一般衣類で使われないような特殊な生地でつくられています。そのため今まで知らなかったものにたくさん出会えることに面白みを感じています。また、仕事をしていて好きな瞬間は社内で企画やデザイナーの方とミーティングをしているときです。お客さまに喜んでもらえる企画はなんなのか。チームで企画を考えるのは大変なときもありますが、とても楽しいです。

学生時代の仲間は、自分の素を出せる大切な存在

私の仕事のモチベーションを高めてくれるのは、大学時代のバンドサークルの仲間です。音楽好きという共通の趣味の中でも同じバンドが好き、などとにかく気の合う仲間が集まっています。今でも月一で会っては、ライブに行ったり飲み会を開いたりしています。学生の頃、サークルの仲間は自分にとって一緒にいて楽しい友達でした。しかし社会人になった今では、ありのままの自分を受け入れてくれるかけがえのない存在です。仕事で落ち込んだときも集まって話をすれば、みんな落ち込んだり悩んだりしながら頑張っているんだ、自分だけじゃないんだと、励まされます。

背伸びせず、自分らしく、目標に向かっていく

私は「奥田さんと仕事をしてよかった」と社内外で思ってもらえるような営業になりたいです。お客さまに聞かれたことはなんとなくでは答えず、きちんと調べてから堂々と対応する。社内ではチーム全体が円滑に動けるようにスケジュール管理を細やかにする。まだまだ至らないことが多く、正直に言うとまだ営業としての自信を持てていません。焦ってしまうときもあります。そんなときは、またサークルの仲間と集まって、自分らしさを取り戻す。背伸びせず、私らしく。目の前の課題を乗り越えながら、目標に向かって頑張っていきたいです。

OTHER

INFORMATION

PAGE TOP